So-net無料ブログ作成
そのほか ブログトップ

本年もよろしくお願い申し上げます [そのほか]

2017年が明けました。
事務局一同、頑張ってまいりますので、
皆様本年もよろしくお願い申し上げます。

           東京書芸協会事務局一同

日本テレビ系「news every」と「スッキリ!」に取材協力しました [そのほか]

去る3月10日と17日、日本テレビ系の「news every」と「スッキリ!」に取材協力しました。会長へのインタビュー、子供教室の様子(※保護者の了解を得ています)などが放映されました。
子供たちが、取材の方から頼まれた字を、とても上手に書いていて、頼もしく思いました。

さて、番組の内容は文化庁発表のニュース「漢字のトメ・ハネ・ハライ 細かい違いを許容」についてです。
「スッキリ!」の中で、立教大学の沖森卓也先生が、「印刷字形と手書きの字形をわかりやすく理解したほうが良いのではないか」とおっしゃっていました。
その通りだと思っています。
「印刷字形と手書きの字形は違う」という点、
もっと認知されても良いと思います。

例えば「令」ですが、ひとやねの下は、印刷字形では「一、カギ、タテ」という形です(A)。rei-1.jpg
手書きの字形では「テン、カタカナのマ」のように書きます(B)。

もともとの楷書の字は、手書きの字形(B)です。
印刷の版を木などでつくる際
「テン・マ」では彫りづらいため、
(A)の形にしました。
このような、「印刷字形」と「手書きの字形」の違いは他にもたくさんあります。

「どちらが正しいか?」と問われれば、正解は「どちらも正しい」。
どちらかというと伝統的な楷書の手書き文字は(B)の「テン・マ」。
小学校で習う字も(B)の「テン・マ」です。
しかし、どちらで書いても、どちらで印刷しても良いこととなっています。

手書き文字の専門家から言わせていただきますと、手で書く場合、rei-2.jpg
やはり(B)の方が上から下への動きに無駄がなく、リズムがとりやすいです。
文字の美しさは形だけではなく、筆脈も加味されますが、
(B)の方が、手で書くには美しく見せることができます。
(A)は移動距離が長く、タテ画の開始位置、カギの曲がり方など、
ちょっとのことでバランスが狂ってしまい
手で書いてみると、印刷で見る時ほど美しくない場合が多いと思います。

「字が汚くて」と悩んでいる人にたくさんお会いします。
印刷用の字形で書いていませんか?
好みもありますが、手書きには、手書きの字形をおすすめします!

(事務局長)


「闘争の倫理」毛筆タイトル制作しました [そのほか]

文庫本「闘争の倫理ースポーツの本源を問う」の題字を、当会会長・川原世雲先生が揮毫しました。
こちらの本は、戦後ラグビー界の伝説の名指導者、大西鐵之祐氏が、勝つための組織、指導者理念の創造からスポーツ哲学に到る神髄を語る、思想・哲学の名著です。
大西鐵之祐氏は、川原世雲先生の、早稲田大学の大先輩でもあります。
9月28日、鉄筆文庫より発売。どうぞ手に取ってご覧ください。
tousounorinri.jpg

出版社(株)鉄筆 ウェブサイト http://teppitsu.blogspot.jp/
amazon.co.jp 闘争の倫理

「教育新聞」に連載開始! [そのほか]

川原世雲会長の手による「脳科学から手書き・書道の意義を考える」という記事が、教育新聞に月一回連載されます。教育新聞は、週二回(月・木曜日)発行の、主に学校教育関係者の方に読まれる新聞です。
連載初回の記事はこちら↓
http://www.kyobun.co.jp/serial/20150514.html
どうぞご期待ください!
購読のお申し込みは、直接「教育新聞社」までどうぞ。
http://www.kyobun.co.jp/Subscribe/apply.html

当会指導者講習会が「教育新聞」の記事になりました [そのほか]

8月末に行われた、東京書芸協会の「指導者講習会」が、教員向けの「教育新聞」2014年10月2日号にてとりあげられました。どうぞご覧ください!下記は教育新聞さんのサイトです。


書道は脳を広範囲に働かせる 東京書芸協会が指導者講習会
http://www.kyobun.co.jp/topics/20141002.html

「書字と脳の研究会」発足しました [そのほか]

東京書芸協会は、書字活動と脳の機能について、永年研究を続けています。このたび、お世話になっている書字教育や脳の研究関係の方々の協力のもとに、「書字と脳の研究会」を立ち上げました。
当面、事務局は東京書芸協会に置かれます。

「書字と脳の研究会」ホームページ
http://shojinou.wix.com/shojinou/

私個人としては、「書字」(※手書きのことです)の人体への影響には大変興味があり、研究を進めるにあたり、研究開始時は半分冗談ですがもしも「書字」が人体に悪い影響を及ぼすなら早めに仕事辞めないと、と思っておりました。さて今は、「書字」は人間の発達に大変良い方向に関与していることがわかっています。悪影響は無いのでは、と思います。
手で文字を書くことを練習することは、大人にも、子供にも、いつから始めても、脳の発達を促す行動であり、自信を持っておすすめできる活動だと思います。

ただ書字が苦手な人もいますし嫌いな人もいます。また上手でも良寛のいわゆる「書家の書」になり壁にあたっている人もいます。これらの方々への手助けも分かってまいりました。今後も人々の役に立つよう、書字教育の専門家としての研究を続けていきたいと思います。

(事務局長)

ファッション誌「Ray(レイ)」2月号に取材協力しました [そのほか]

RAY2.jpg
主婦の友社発行のファッション誌「Ray(レイ)」2月号、P207からの「美文字で女子力UP!」に協力いたしました。
外面をおしゃれに磨きながら、内面も美文字で磨く女性はとても素敵です!
ただいま発売中です。ぜひ「『美文字美人』を目指して」(本文より)、頑張ってください。

桜桃(さくらんぼ)のなる書道教室 [そのほか]

sakura.jpgGWも過ぎ、さわやかな陽射しとなってまいりました。

本部教室には、桜の木があります。実のなる種類です。
例年になく豊作で、宝石のような実が葉の間からのぞいています。

今年の味は野生系…?つまり、残念ながらちょいと酸っぱめ。
食べられますが、専ら生徒さんの観賞用です。

このような季節の移ろいも大切にしたいと思っています。



そのほか ブログトップ