So-net無料ブログ作成

お問い合わせは、お気軽にお電話でどうぞ! [本部直属教室]

梅の花が美しく咲き、すこし春めいてまいりました。
寒さもちょっと和らいだ気がします。

さて、東京書芸協会へ、たくさんのお問い合わせや体験稽古のお申し込みを
ありがとうございます。
ただいま、メール(info@shogei.jp)への体験稽古などのお問い合わせ、お申し込みが混雑しており、
返事に数日、お時間をいただいている状況でございます。大変申し訳ございません。

体験稽古のお申し込みや、受講に関するご質問は、各校舎で電話でお受けしておりますので、
どうぞお気軽に電話でお問い合わせくださいませ。

高田馬場校:03-3207-9141
御茶ノ水校:03-5577-4885
小平本部校:042-345-6889
通信部(小平本部校):042-345-6889

※小平本部校(042-345-6889)では、高田馬場校・御茶ノ水校への
 体験等のお申込み、受講のご質問も承っております。
※パンフレットの郵送のご希望については、フォーマットhttp://www.shogei.jp/shiryo.html 
 にて通常通り承っております。

本年もよろしくお願い申し上げます [そのほか]

2017年が明けました。
事務局一同、頑張ってまいりますので、
皆様本年もよろしくお願い申し上げます。

           東京書芸協会事務局一同

年末年始のお知らせ [本部直属教室]

秋の展覧会、そして表彰式と、大きな行事も無事に終了し、
早いもので、平成28年も終わりの月となりました。

さて、本部直属校各校舎の年末年始の予定は下記の通りです。
高田馬場校 お稽古納め:12月22日(木) 新年:1月6日(金)より
御茶ノ水校 お稽古納め:12月22日(木) 新年:1月8日(日)より
小平本部校 一般部  お稽古納め:12月22日(木) 新年:1月5日(木)より
小平本部校 学生部  お稽古納め:12月28日(水) 新年:1月5日(木)より

※各校舎の会員限定の「書初め練習会」等のイベントは、この限りではございません。
 別途、各校舎よりお知らせしております。

皆様色々とお世話になりまして、ありがとうございました。
平成29年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

第13回 東京書藝展 終了しました [イベント]

第13回東京書藝展が閉幕しました。
みなさま、ご来場ありがとうございました。

下記ブログで紹介しております。よろしければお越しください。
東京書藝展特設ブログ http://kawaharaseiun.blog.so-net.ne.jp/

第13回 東京書藝展 開幕しました [イベント]

第13回東京書藝展が開幕しました!
皆様どうぞお越しください。
会期 9月28日(水)~10月2日(日)
   午前10時~午後7時
   ※9月28日午後1時開場
   ※10月2日午後6時まで
会場 東京芸術劇場 
   5F 展示ギャラリー1・2
入場無料
shogeitenhagaki.jpg


2016年夏季休校のお知らせ [本部直属教室]

本部直属教室では、下記の通り、お休みをいただきます。
この期間はお問合せ等にお時間をいただきますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

高田馬場校:8月8日(月)~8月22日(月)休校 
御茶ノ水校:8月9日(火)~8月22日(月)休校 
小平本部校:一般クラス:8月9日(火)~8月20日(土)休校
     学生クラス:8月11日(木)~8月17日(水)休校

<臨時開校>
夏季講習:8月20日(土)・21日(日)10:00~15:00
東京書藝展作品受付:8月20日(土)10:00~18:00

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2016夏季講習会のお知らせ(一般の方へ・会員の方へ) [イベント]

今年も夏季講習会を行います。
(会員の方には「実り」誌7月号とともにパンフレットをお届けいたしました)
今年は会員向けおよび一般の方向けの講座が二つ、会員向けの講座が三つございます。
ふるってご参加ください。
*すべて大人の方が対象となります。(お子様の講座はございません)

●会員の方および一般の方(会員でない方)が参加できるコース

指導者講習会
  書字の指導者の方、またそれを目指す方に!発展的な内容です。
  詳細はこちら↓
  http://www.shogei.jp/sensei-seminar2016.pdf
 日時:8月20日(土)、8月21日(日)
     10時~15時(12時~13時休憩) 
 講師:川原 世雲 先生 
 会場:高田馬場校(新宿区高田馬場2-14-5第一いさみやビル4F)
 対象:会員外も可
 受講料:8,640円(全2日分)※1日単位の参加も可能。(4,860円)
 申込〆切:8月10日(水)まで

)ペン字精習講習会
  初心者・中級者を対象としたコースです。硬筆で文字の形のとり方の基礎を身につけましょう。
  詳細はこちら↓
  http://www.shogei.jp/kouhitu-seminar2016.pdf
 日時:7月30日(土)、7月31日(日)
     10時~15時(12時~13時休憩) 
 講師:川原 名見 先生
 会場:高田馬場校(新宿区高田馬場2-14-5第一いさみやビル4F)
 対象:会員外も可 
 受講料:8,640円(全2日分)※1日単位の参加も可能。(4,860円)
 申込〆切:7月26日(火)まで

●東京書芸協会の会員の方のみ参加できるコース
 (詳細は「実り」に挟み込みのパンフレットをごらんください)
 夏にじっくりお稽古しよう!大人気のコース。

C)賞状全文書き特訓
 日時:8月20日(土)、8月21日(日)
     10時~15時(12時~13時休憩)
 講師:内田 篤秋 先生 
 会場:高田馬場校 
 対象:東京書芸協会会員  ※中級者~上級者向け。
 申込〆切:8月10日(水)まで

)賞状全文書きの基礎
 日時:7月30日(土)、7月31日(日)
     10時~15時(12時~13時休憩)
 講師:玉田 溪秀 先生 
 会場:高田馬場校 
 対象:東京書芸協会会員  ※中級者向け。
 申込〆切:7月26日(火)まで

E)あて名・手紙の書き方
 日時:8月20日(土)、8月21日(日)
     10時~15時(12時~13時休憩)
 講師:飯坂 礼春 先生
 会場:御茶ノ水校 
 対象:東京書芸協会会員  ※初~中級者向け。
 申込〆切:8月10日(水)まで


ゴールデンウィーク中の開講日のお知らせ [本部直属教室]

ゴールデンウィーク(4月29日~5月8日)中、
本部直属教室のお稽古日は、下記の通りになっております。

高田馬場校:4月26日(火)~5月8日(日)休校 お稽古は5月9日(月)より
御茶ノ水校:4月26日(火)~5月7日(土)休校 お稽古は5月8日(日)より
小平本部校:4月29日(金)・30日(土)休校
      5月1日(日)学生部1限・3限のみ開講
      5月2日(月)~5日(木)休校
      5月6日(金)・7日(土)1限・3限のみ開講
      5月8日(日)1限・2限・3限 開講

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

新しい支部のお知らせです [支部教室]

木々の新芽が美しい季節です。
埼玉県に新しい支部ができました!

深谷教室
(埼玉県深谷市小前田)

お問い合わせについては、東京書芸協会小平本部事務局
042-345-6889 へお願い致します!




日本テレビ系「news every」と「スッキリ!」に取材協力しました [そのほか]

去る3月10日と17日、日本テレビ系の「news every」と「スッキリ!」に取材協力しました。会長へのインタビュー、子供教室の様子(※保護者の了解を得ています)などが放映されました。
子供たちが、取材の方から頼まれた字を、とても上手に書いていて、頼もしく思いました。

さて、番組の内容は文化庁発表のニュース「漢字のトメ・ハネ・ハライ 細かい違いを許容」についてです。
「スッキリ!」の中で、立教大学の沖森卓也先生が、「印刷字形と手書きの字形をわかりやすく理解したほうが良いのではないか」とおっしゃっていました。
その通りだと思っています。
「印刷字形と手書きの字形は違う」という点、
もっと認知されても良いと思います。

例えば「令」ですが、ひとやねの下は、印刷字形では「一、カギ、タテ」という形です(A)。rei-1.jpg
手書きの字形では「テン、カタカナのマ」のように書きます(B)。

もともとの楷書の字は、手書きの字形(B)です。
印刷の版を木などでつくる際
「テン・マ」では彫りづらいため、
(A)の形にしました。
このような、「印刷字形」と「手書きの字形」の違いは他にもたくさんあります。

「どちらが正しいか?」と問われれば、正解は「どちらも正しい」。
どちらかというと伝統的な楷書の手書き文字は(B)の「テン・マ」。
小学校で習う字も(B)の「テン・マ」です。
しかし、どちらで書いても、どちらで印刷しても良いこととなっています。

手書き文字の専門家から言わせていただきますと、手で書く場合、rei-2.jpg
やはり(B)の方が上から下への動きに無駄がなく、リズムがとりやすいです。
文字の美しさは形だけではなく、筆脈も加味されますが、
(B)の方が、手で書くには美しく見せることができます。
(A)は移動距離が長く、タテ画の開始位置、カギの曲がり方など、
ちょっとのことでバランスが狂ってしまい
手で書いてみると、印刷で見る時ほど美しくない場合が多いと思います。

「字が汚くて」と悩んでいる人にたくさんお会いします。
印刷用の字形で書いていませんか?
好みもありますが、手書きには、手書きの字形をおすすめします!

(事務局長)